あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

『人より上にいくことが良し』という競争社会が、世の中をダメにした。

2021.12.29-2
▽『人より上にいくことが良し』という競争社会が、世の中をダメにした。

金や権力がある者が偉いと植え付けられ、媚びを売り、尻尾を振る大人が増えた末路が現在だ。

自分の子供に、うだつの上がらないサラリーマンの父親を指差して『勉強しないとこうなる』などと言う、母親までいるという。

上を目指し過ぎて月まで行こうと言う者までいる始末、神に近づこうと塔を建て、神の逆鱗に触れた物語、昔見た映画ベンハーを思い出す。

日本は和をもって尊しとなす、上も下もあるわけがない。
天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず。

日本人なら、誰の言葉かピンと来るはずだ、知らないなら今すぐ調べた方がいい。

令和に入って、いや
令和に入るにあたって、特異なことばかり起こる。

天皇陛下の生前退位
パンデミック
ニューノーマル

来年は令和4年
数秘では22に分けられる。
ちなみに、22は僕の運命数

時代の流れを、世の中の流れを
世界のトップの動きを
ニュースやゴシップを
岸田総理の言葉、各省庁の白書

さまざまな所にメッセージは点在しています。

だから、ひとりひとりが自立して
和をつくる必要がある。

それが2022年の役目
ナノブランドの役目だと考えます。

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。