Our Serviceわたしたちのサービス

Providence人がもたらさなければならない摂理

プロビデンス(Providence)とは「摂理」自然の法則、人間があらがえない不変の決まりです。自らの飢えを満たす為に働いてはダメ。それは人間本来の生き方ではないし、それがまた、自らを飢えさせることになる。
現在、世の中は『食う為に働く』が蔓延している。 嫌な上司に頭を下げて、 嫌な客に愛想振りまいて、 早朝から満員電車に揺られて、 残業で疲れ果てて帰宅する。
家庭のために、生きるために犠牲になる。みんな、そんな事のために生まれて来たんじゃない。 『食う為に働く』から解脱したいのなら、方法は凄くかんたんだ。 『食う為に働かなければ良い』 具体的には『世の中のために活かされる働き方をすれば良い』 世の中に耳を向け、目を凝らし 自分のできる事があれば声を上げて、誰かの笑顔をつくれば良い。 そしたら『報酬』が入ってくる。 これが『本来の仕事』なだけ。 それが『生まれて来た理由』なだけ。

Social design活かされる生き方の創造

ソーシャルデザイン(Social design)とは、社会的な課題に対して人間が解決するためのデザインです。
人間は『使命』を持って『天』から遣わされたのに、食う為に働いて使命を無視してるからストレスで心を病む。会社の業績は悪くなる。 状態が悪い会社の経営者の傾向は『食う為に働いて』『金銭を貪る』だから、いつまでも業績は悪くなる。
うまい話には近づいて、上手くいかないことは誰かのせいにするのを繰り返す。 世の中が良くなるには、そんな事業主を助けてやらないといけない。マーケティングは「世の中の泣き顔を探すこと」ブランディングは「世の中の泣き顔を笑顔に変える商品・サービスを生み出し提供すること」
この世の中に幸せを増やすためには、世の中の経済を支えている小規模中小企業が『正常になること』が必要だと心から願う。そのために社会的課題を解決できる事業を個々が実現しなければならない。

Market design課題を掘り起こし可視化する

マーケットデザイン(Market design)とは、世の中と事業者の課題を抽出し、課題の大きさ、性質を把握して解決の糸口を図り、双方向の課題解決に向けた事業構築の基礎を築きます。

Brand design課題解決の仕組みを構築する

ブランドデザイン(Brand design)とは、マーケットデザインによって抽出した「課題」を解消するために、実業実現に向けてあらゆる側面から分析を行い、事業システムの構築を図ります。

Content design機能するコンテンツの追及

コンテンツデザイン(Content design)とは、世の中の課題解決のために構築した事業を、効果的に訴求展開を図るため、WEBをはじめとする様々な「デザインコンテンツ」を創作するのみにとどまらず、コンテンツを機能させるための組織、人材スキルの育成、ブラッシュアップを図ります。

Matching design事業が手をつなぐと笑顔が増える

マッチングデザイン(Matching design)とは、事業を構築するにあたって効果的であると考えられる事業者をマッチングし、複数事業者で事業の進捗を図るコーディネートです。これにより新たな販売方法や仕組みを実現しています。

Media releaseメディアリリース

TeNY 新潟一番

NST みんなのニュース

NST スマイルスタジアム

NHK にいがたアイデアファクトリー

ブランキングアート

NHK あさイチ