あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

事業とは〇〇

事業とは〇〇

金を使う際に

自分を満たす為に使うのが『購買』

自分を伸ばす為に使うのが『投資』

金のために働くんじゃない

経済的に自立し

生まれてきた使命を発動し

世の中に役目を果たす。

そこに到達するために

人は努力をする

人が生まれてきた理由は同じ

未来に笑顔を増やすこと

時間軸の先を幸せにすること

だから、成功を喜び、失敗を悔やむ
希望を抱き、絶望感に堕ちる

世の中はSDGsだESGだと、いまさらながら『良いこと』をするとビジネスになると言っている。
社会的風潮に流されている。

近江商人は遥か昔から三方よしを説き、更に昔の経典には天国地獄箸の話があり、人は誰かを笑顔に出来ると幸せになると説いている。

人生の究極は、生まれてきた役割を果たす事、それは皆、やり方が違う。

だから人は全員『ひとつだけの花』をもっている。

なので、人真似はニセモノになる。

オリジナルの自分で
世の中を幸せにするという共通ミッションに参加して、自身のコンテンツを輝かせて役目を果たすこと。

それを『貢献』という。

貢献こそ、事業そのものであり
生き方の体現である。

と、わたしは思います。

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。