あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

事業者による地元活性化応援

【事業者による地元活性化応援】
JIMOTO BASE PROJECT
個人事業者、中小企業のための、無料オンラインサロン開講しました。

/貢献経営/
Contribution management

/五方良し/
1.自分よし
2.未来よし
3.市場よし
4.顧客よし
5.事業よし

/時代の欲求/
いま、世界はESGやSDGsに躍起になっているが、世の中の需要がそうなのは遥か昔からそうなだけであり、当たり前のはなし。

相手が欲しいものに応えて
自分が欲しいものを得る。
等価交換とは単純な仕組み。

なのに、自分の欲求を先んじて
EGSやSDGsで客を釣ろうとするから、うまくいかない。

いままで別けて考えていた『貢献と経営』を、事業にしっかりと実装させて運営しなければいけないのに、中途半端なシフトをしようとする。

世の中を考えれば、自ずと湧いてくる仕組みを求めずに、主語を自分(I、愛)に使うから、ビジョンのポテンシャルが低いため、人が集まらない。企業期待値が上がらない。

世の中から見れば、他人の夢とか、どれだけ頑張っているとか、どれだけ働いているとかなんてまったく興味がない。

事実、市場は世の中に対して、または顧客目線で、事業者がどれだけ世の中に貢献する意思があるのかを求めている。

いまどき、売り込み合戦は古い。
先進的な企業ほど、等価交換を知っているため、時代の欲求に添えられただけ成果につながることを体現している。

時代の要求を見る、または操作して、次の流れを見極め、等価交換の仕組みを作れば、売り込む必要はない。

/事業規模で優劣はない/
企業団体に大小の区別はなく、成し遂げた者が先を行く。

『大企業だから成功するんだ』という屁理屈は、挑戦しない事業者の言い訳でしかない。

『社会に貢献する』という、全ての事業共通の目的をもちながら、手法は千差万別あるため、他人の真似で成功はありえない。

だから、個々の特徴を活かしたナノブランドを確立することが大切であり、貢献経営というブランディング思考が、個人事業や中小企業に最も必要とされる時代となった。

事業者が提供できるのは『世の中に笑顔が増えること』しかない。

そのためには、日々欠かさず
市場を見極めながら、自社を磨き続け『貢献経営』の精度を上げていく他ないのです。

2022.2.11
仕組家 高橋憲示

共に貢献経営を学ぶための
無料オンラインサロン開講中
https://www.facebook.com/groups/jimoto.base.project/

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。