あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

モノづくりの条件


▽モノづくりの条件

メーカー在籍時に僕が作った新商品は36アイテム

新商品を発表すると雑誌やメディアで紹介されるため、地元商社の社長に『どうやってんだ?』って呼び出された事もある。

売れる商品に必要なのは
『デザイン』でもない
『売り方、販売手法』でもない

サスティナブル(持続化)が求められる時代に、そんな利己的な一過性の商品なんて作っている場合じゃない。

売れる商品の条件はただ一つ
『いま、世の中が求めているモノ』であるということ。

先ずは、そこを理解するために、口より先に目や耳、鼻を総動員して世の中のニーズを日々吸い上げないとならない。

それが出来て、はじめて
デザインや伝え方の手法が必要になってくる。

この順番を誤り一過性の博打うちのようなモノづくりやサービス開発をしている無自覚な企業は多い。

売れそうだから作る
他人のあとを追いかける

その時点で、オリジナルではなく
猿真似、二番煎じだから一過性のモノづくりになる。

なんとなく、それっぽいが中身がない。
そんな商品が世の中に溢れているのはそうゆう背景がある。

ナノブランドは、すべてのモノが本物である。と考えている。

せっかくの本物が世の中を先に考えず、自分軸で利己的になるだけでニセモノになる。

その軌道修正をするために、日々経営者を応援したいと考えます。

https://nanobrand.co.jp
CEO 高橋 憲示

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です