あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

煉獄杏寿郎の母の言葉がナノブランドに通じる

2021.9.27
▽煉獄杏寿郎の母の言葉がナノブランドに通じる


なぜ自分が人よりも
強く生まれたのかわかりますか?

弱き人を助けるためです

生まれついて人よりも多くの才に恵まれた者は、その力を世のため人のために使わねばなりません。

天から賜りし力で人を傷つけること
私腹を肥やすことは許されません。

弱き人を助けることは
強く生まれた者の責務です。

責任を持って、果たさなければならない使命なのです。

決して忘れることなきように。

鬼滅の刃
無限列車より


実は、鬼滅の刃 無限列車を初めて観ました。

その中で、炎柱 煉獄杏寿郎の母の言葉が心に残る。

もちろん、そうあるべきで
当たり前なのだが、現代人はどう受け止めるだろうか?

強いから守るのではない
弱き者を助けるために生きるから
強くあることができる。

ナノブランドの思想そのもの。
競争で勝つ時代は終わった。
全ての者が生まれてきた役割を果たすことを課せられた時代だ。

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です