あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

全ての事象は生きてゆくために必ず必要なことなんだ。

僕の仕事は『経験が無い事をアドバイスできない。』という特徴がある。

先日、高速道路にて大きな事故を自分で体験するという出来事があった。

それから、事故のフラッシュバックで夜に目が覚めて眠れないPTSD状態が続いている。

世の中に無駄な経験は無い。

今回の事故で僕はPTSDという経験を得たため、これを克服する事で今後、PTSDに悩む皆さんにアドバイスをする事が出来る。

経験は無駄にならないから
良い事も、悪い事も全てを受け入れて自分のものにして、経験を無駄にしてはならない。

この世に起きた事や、出会う人は自分が天に還るまでに必要なイベントであり、キャストです。

全てを受け入れる事は自分自身の足りない経験値を上げる最良のやり方。

自分が馬鹿野郎と言う事が受け入れられたら、大抵の事は簡単に受け入れられます(笑)

フラッシュバックで眠れない日々ですが、それもこうして自省の時間として使える。

全ての事象は生きてゆくために必ず必要なことなんだと実感します。

社会システムが刷新されている。

常に世の中の誰かの満足を増やすために、自分らしい独自の商品やサービスを生み出し提供し続けられる仕組みを確立して使命を果たすことを『事業』という。

それでもまだ、自社の売り上げを優先に事業をするなら淘汰される事を覚悟しなければならない。

世の為になる事に集中するとセールスは要らなくなる。

これからのブランド化とはそうゆう世界だ。

自立する福祉作業所をコンセプトに事業を展開するnobus(徳島県 阿南市)
ブランドデザイン 高橋憲示
この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です