SANJO BASEみんなのたまりば

ものづくりと遊び場が共存する場所

私の故郷、新潟県三条市はものづくりのまちです。
私の子供のころは自宅の土間を作業場にし、握りばさみを作る「こうば」が近所に点在しており、狭い通りに火花が散る中でチョークで絵を描いたり、ゴム飛びしたり近所の仲間たちと遊んでいました。 常にだれかれともなく集まれる駄菓子屋も町内に複数あり、学校が終わって帰ってくると玄関にランドセルを放り投げて毎日のように通っていました。

あの頃のように、学校から帰ったあとにともだちと遊ぶため駄菓子屋に集まっていた時のような ワクワクした感覚で、いつでも誰でも分け隔てなく、日々誰もが集える空間へ進化してゆく存在でありたい。
そんな場所がまちに一つくらいあってもいいじゃないか。
子供からお年寄りまで気兼ねなく集える空間を目指して進化を続けてゆくために私たちは走り続けます。
創りたいのは子供たちのはしゃぐ笑い声、地域文化の継承、誰もが集える憩いの場、それこそが未来を創ることに繋がっていると信じています。

アンドオン三条ベース 代表 高橋憲示


1st floorこどものあそびば

駄菓子にゲームにマンガ本。少年時代がすべて蘇る秘密基地。

だがし屋あんどおん

子供に大人気の駄菓子屋、ヨーグル、棒きなこ、麩菓子、にんじんなどの懐かしの駄菓子の数々とアイドルカードにおもちゃ、ガチャガチャなど大人も大興奮のあの本物の駄菓子屋が復活しました。

フリースペース

たたみ15畳の休憩スペース。マンガ、雑誌、ビジネス本などの無料貸し出し、電子レンジの貸し出し、駄菓子を食べながら家族と、友達とくつろぎの時間を楽しんでください。

なつかし!ゲームエリア

1980年代に活躍していたアーケードゲームが楽しめるエリアです。インベーダー、クレイジーコング、パックマン、テトリスなど、あの時代のマシンを体感していただけます。

2nd floorおとなのあそびば

お金がいらない世界 ZUPPE/Nano Brand Museum

Nano Brand Museum

仕組家/マーケットデザイナーの高橋憲示が手掛けたプロデュース商品や素敵な魅力に惚れ込んだ商品が集まる場所が「Nano Brand Museum」です。
日本国内の小規模事業者、中小企業の中に眠る「技術」や「資源」を掘り起こし商品開発の支援を行った「小さな企業のナノブランド」=存在意義をカタチにした商品ストーリーを展示しております。
世の中にない新技術やアイデア満載の商品をお楽しみください。 仕組家 高橋憲示

Barter space ZUPPE

週末バータースペース ZUPPE
ZUPPE ズッペは三条弁で差し引きゼロってこと。
ZUPPE はお金がいらない。
いま流行りのキャッシュレス払いではなく、支払い自体がありません。
備品以外は全て無料。

ZUPPE利用のための約束
欲しいものがあれば持っていく。使える要らないものは持ってくる。基本、これだけ。 物々交換じゃないから、持っていくだけでもいいし、持ってくるだけでもいい。


ZUPPE 三条ベース二階
土日 11:00-18:00 OPEN

Sanjo base concept

三条のメーカー職人の新商品、古着をディスプレイ。往年のゲーム機がズラリと並ぶ駄菓子屋も併設。休憩もできるスペースには、ときめくモノ・コトがぎゅっと詰まっている。


《店舗情報》
アンドオン三条ベース
三条市田島1-17-9 tel.0256-55-6266(BonBon)
営業時間 11時~18時 年末年始店休
まちの駅 三条ベース

※店舗ロゴをクリックするとグーグルマップが開きます。

テレビメディア取材

TeNY 新潟一番

NST みんなのニュース

NST スマイルスタジアム