あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

新型コロナウイルスによる自粛解禁はいつなのか?

コロナウィルスによって、多くの企業が打撃を受けています。

特に飲食業、観光業のダメージは計り知れないものがあります。

また、イベント関係者にも大きな波紋が広がっています。

さて、コロナウィルスによる活動自粛はいつまで続くのでしょうか?

過去にあった、災害や疫病による様々な活動自粛の例を見てみれば、その傾向がわかると思います。

長期的に活動自粛を強いられても、最長で80日程度なのが、過去の事例を見ると見えてきます。

現在、活動が自粛されているといって、お客様が来店されないことをあきらめるのではなく、現在のような状況だからこそ先を見据えた周知訴求展開を図っている企業が伸びると言うことが過去の事例にも表れています。

現時点で、4月以降から7月までの企画の再検討や周知訴求手段の見直しなど、やる事は様々ありますが。

事態が収束してから取り掛かろうと言う企業は出遅れます。

今1番大変な時だからこそ、サービスを見直し、先の企画を考え、先取りで周知訴求をすることが最良の選択です。

ただ途方に暮れるのはもうやめてください。もうすぐ夜が明けます。

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です