あなたの手が、未来を創るナノブランドになる。

知ってた?バレンタインデーの始まりは、神戸の洋菓子店モロゾフが掲載した新聞広告だったって?

バレンタインデーは女性から男性に向けて愛を伝える伝統行事、朝からソワソワする男子と女子なんて光景を思い浮かびます。

好きな子から貰えた!

何個もらえた?

告白が成功した!

失恋した、、、

など、青春時代の一大イベントを誰もが経験する1日ですよね。

年間行事でカレンダーにも載るようなバレンタインデーですが、バレンタインデーの始まりは、神戸の洋菓子店モロゾフが掲載した新聞広告だったと言うのはご存知でしたか?

そう、バレンタインデーは一企業が提案したマーケティング戦略と苦節のお菓子業界の挑戦の連続で今日に至った壮大な物語なのです。

バレンタインデー物語


1936年2月12日

2月14日に愛する人に贈り物をする、という欧米の習慣を知ったモロゾフの創業者が、英字新聞「ザ・ジャパン・アドバタイザー」にチョコレートを贈ろうとPRした広告を掲載するも撃沈。


1958年

メリーチョコレート伊勢丹新宿本店が日本初となるバレンタインセールを実施するも撃沈


1959年

メリーチョコレートより、ハート型チョコレート販売

チョコレートに“愛”のメッセージを込めるようPR


1960年~

森永製菓などの大手菓子メーカーや百貨店の参入、バレンタインデーを積極的に打ち出すもチョコレート文化には至らず。


1970年~

小中高生の間で、バレンタインデーには“好きな人にチョコレートを渡して告白”という現代に繋がるスタイルが定着。


スタイルが定着してから約50年、バレンタインデーは国民行事の様になり、パティシエの作る高級スイーツから義理チョコまで、1000億円市場とも言われています。

贈る文化が日本らしく、また女性から男性に向けて告白をするという、日本らしくない文化が近代化の中で浸透してきた理由でしょうか。

ともあれ、今日も恋心を交わす男女に幸あらん事を祈るばかりです。

この記事を書いた人
高橋憲示 新潟県三条市のブランドデザイン会社、NANOBRAND LLC. CEO。2013年に中小企業庁グッドビジネスアワードにて『ベストパートナー賞』を受賞。以来、全国の金融機関や支援機関より要請を受け、事業の展開に苦悩する小規模、中小企業経営者に対して年間500件以上の事業支援を実施している。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です